合宿免許のデメリットとは

合宿免許といえば、短期で教習所を卒業できる非常に魅力的な教習所の通い方です。
旅行がてらに遠方の教習所に通う人も少なくありません。一見するとメリットばかりの合宿免許ですが、じつはデメリットも存在します。

たとえば短期であるというポイントです。



これは人によってメリットにもデメリットにもなるポイントです。

短期で卒業できるのはメリットですが、逆に忙しすぎて授業についていけなくなってしまう人もいるのです。内容を理解しないまま卒業試験を受けることになってしまうことがあります。


期間内に卒業できなければ、合宿を延長するか、途中から入所するか、諦めるか、しか選択肢がありません。せっかく有給をとって合宿免許に挑んでも、その期間内に卒業できなければあまり意味がありません。
二つ目のデメリットは、合宿免許はほとんどが田舎での教習になるというポイントです。



都会と田舎では交通量が全く違います。免許証を取得後も田舎で主に運転する人にとってはデメリットになりませんが、都会で運転する人にとってはかなりのデメリットになるでしょう。免許を取ったばかりの初心者にとって、田舎道と都会の道ではかなりギャップがありますので、不安が大きくなってしまうこともあるのです。

また、都会の道は田舎の道よりも交通規制が多いこともあげられます。田舎道で教習を受けると、そのような標識の判別能力があまり鍛えられないまま卒業してしまうことにもなるのです。



このようなデメリットをメリットと比較してから、合宿免許に挑むことをおすすめします。