合宿免許の卒業までの流れ

合宿免許で教習所に通う前に、卒業までの流れを把握しておくことが大切です。
合宿免許は一般的には申し込みが済んだ後、出発から卒業までのカリキュラムをまとめた資料が送られてきますのでよく確認しておきましょう。まずは出発です。

決められた場所に決められた時間に集合し、教習所に出発します。



忘れ物などがないように、事前に確認しておきましょう。

教習所に到着したら、合宿免許についての説明があるでしょう。

教習をどう進めるかや、合宿所についてなど、さまざまな説明がありますので、ここで不安なポイントや不明なポイントなどをよく確認しておくことが大切です。


説明が済んだら、次は適性検査です。緊張する必要は全くありませんので、リラックスしてありのままの回答をしましょう。
ただしあまりにも適正が低い場合などは、辞退する勇気も必要かもしれません。



適性検査が終了したら、いよいよ教習がスタートします。


第一段階では仮免を取得することを目標に教習が進んでゆきます。実技訓練や学科の授業などがありますので、教官の言うことをよく聞きましょう。仮免をとると、次は路上訓練です。
実際に公道に出て、運転をします。

教官が隣に乗っていますので、緊張しすぎないように教わったことを実践しましょう。



路上の訓練を全て終了すると、卒業試験になります。
実技訓練になりますので、これも緊張せずに受けましょう。

これをクリアすれば卒業となります。卒業後は一年以内に運転免許試験場で試験を受け、合格すれば免許証がもらえるのです。