合宿免許で気をつけたいポイント

運転免許証は通常、数ヶ月間教習所に通って取得するものです。
しかし世の中には数ヶ月かかる教習所通いを、たった数週間に短縮してしまう方法もあります。


それが合宿免許です。



合宿免許とは教習所の近くにある宿泊施設に寝泊りしながら、決められたカリキュラムに沿って教習を行う免許の取得方法で、観光地など自宅から遠くはなれた教習所に通うことが一般的です。最近はレジャー施設のような設備の整った宿泊施設が用意されていることも多く、教習の合間にそれらを利用しながら楽しんで教習所に通う人も少なくありません。



しかし、この合宿免許には気をつけたいポイントがいくつか存在します。たとえば合宿免許は一般的に、田舎道での教習になるというポイントです。


もちろん免許を取得してからも田舎道でしか運転する予定のない人もたくさんいます。そのような人にとっては全く問題ないでしょう。しかし、都会で車を運転する予定の人が合宿免許で田舎道で教習を受ける場合は、田舎道と都会の道のギャップを覚悟しておかなければなりません。

田舎道は基本的に交通量が少なく、カーブが多いです。



カーブには慣れますが、車線変更や細かな交通規制への慣れは身につきにくいのです。都会の道では車線変更、細かな交通規制が非常に多くなりますので、かなり大きなギャップになるでしょう。

このようなギャップは、免許を取得して車を運転するようになったばかりの初心者のうちは常に意識しながら運転しましょう。